スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども用雑巾製作会のご報告

10月19日(金)に園内で子ども用雑巾の製作会が行われました

雑巾を縫うという非常に地味な作業ゆえに、誰も来てくれないんじゃ…という担当の予想を裏切って、当日は一般の参加者5名(赤さん2名、黄色さん2名、青さん1名)、バザーメンバーまで含めたら20数名という沢山の方がチクチク雑巾を縫って下さいました

作業の様子はこんな感じ(クリックすると大きくなります)
zoukin1

順序としては、
①あらかじめ決まった大きさにカットしてあるタオルをたたんで縁を縫い、ループをつける。
②刺し子の糸で模様をつける。
という感じです。

おおよそ40枚分を準備してありましたが、9:30~12:00の間に①の部分までは全て完成し、一人一枚くらいは刺繍の部分も完成していました。
刺繍までいかずに残ったものに関してはクラフトメンバーで持ち帰って作業しようと思っていましたが、もし可能なら持ち帰りをお願いできますか…とお願いしたら、みなさん快く引き受けて下さいました。
何枚もお持ち帰りして下さった方もいらっしゃって、本当に感謝感謝です


参加された方のお話で、子どもに適したサイズの雑巾がこんなに小さいと思わなかった、というのがありました。
過去にもバザーで子ども用雑巾は販売されていたのですが、大きさも年度によってマチマチでした。
そこで、今回きちんとサイズを見直そうということで、ピンクさんの先生と幼稚園の先生に実際にお部屋で使っている雑巾を見せていただきました。
そしてお話を聞いたメンバー一同、その小ささと薄さにビックリするのと同時に、実際に子どもが雑巾を使い、洗って絞って干すという作業を先生方がよく観察し、考えられたサイズであることに、感激しました。
子どもが、困難を感じることなく自分で自分のしたいことをできるようにするためには、本当に細部までの配慮が必要なことを実感した経験でした。

また、その他にも嬉しかった声として、こんなに簡単にできるのなら、お家でも卓上用と床用の二種類を用意してあげようと思います、というのもありました。
製作会での作業が、お家でのモンテッソーリ的環境整備に役立ったのなら、担当としてこんなに嬉しいことはありません


出来上がった雑巾の一部(クリックすると大きくなります)
zoukin2

他にもまだまだ可愛い雑巾がいっぱい完成しています。
バザーの購入品リストにぜひ、子ども用雑巾も加えて下さいねっ

製作会にご参加頂いた皆さん、本当にありがとうございました
(よかったら参加してのご意見ご感想など、コメントからお聞かせ下さい。担当が狂喜乱舞します。)

nahoko

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

我が家でも子供用雑巾のリクエストがありました。

ちくちく縫っている間、次男(在園児)が
「あ、これ、お教室にもあるよ。
でも、模様はないんだ」とかお話してくれて。

お教室の中のお話も聞けちゃって
なんだか得した気分でした。

No title

Akikoさん

そうそう。
家でバザーのものを持ち帰ってチクチクしていると、子どもも興味津津でよってきて、じーっと見てたり、園では…というお話が聞けたりするのよね。
そして大したもの作ってるわけじゃないのに、「ママすご~~いe-420e-2e-2」と褒めてくれちゃったりして。

うちの娘は、雑巾は机は黄色、床は青なのe-2と教えてくれました。
ちなみにつき組です。
元ほし組のお兄ちゃんも同じだったというので、お部屋の決まりというより、園の決まりなのかな?

お話を伺った先生も、お部屋ではシンプルな雑巾だけど、お家ではこんな刺繍入りもいいわね~とおっしゃってましたe-68

No title

製作会の参加者ではないのですが・・・ピンク組在籍の母です。
大変興味ある記事でしたので、勇気を出してコメントさせていただきます(^^)

少し前から、2歳児の子供は
家の中で「拭く」のが好きで、
「ぞーきん ください。ゆかが よごれてるの」
「じぶんの つくえをふくから、つくえをふくぞーきん ください」
と言って、雑巾を要求してきます。

小さく切ってストックしてある古布を
いつも適当に渡していたのですが、
記事を拝見して、「適当」にやっていた自分が
ちょっと恥ずかしくなりました。

子供に適した大きさと薄さ。
大きさはなんとなく意識していたのですが
厚みのことは考えていませんでした。
先生方は、本当によく観察されているのですね。
ちょっと環境を工夫して整えてあげることで、
「できた!」の達成感につながるのでしょうね。

最近は食後に洗った食器を「拭く」のもやりたがるので
布巾を与えるのですが、
なかなか子供の手にしっくりくるサイズのものがなく、
半分にカットしてみたり、色々試行錯誤しているところです。

とっても可愛らしい雑巾ですね。
バザーに行くことができたら、ぜひ手にとってみたいと思います!

No title

kinokoさん

コメントありがとうございますe-68
メンバー以外の方にコメントを頂けることは、読んで下さってる方がいるんだなぁ~と感じることが出来て本当に嬉しいです。
ありがとうございますe-266

お子さん、ピンクさんにご在籍なんですね。
「拭く」ことが、今kinokoさんのお子さんにとってとても楽しい作業なんでしょうね。
「拭く」という作業は、ただ拭いておしまい、ではなくて、汚れている場所を拭き、汚れた雑巾を洗い、絞り、そして干すという流れのある作業です。
だからこそ、拭きやすいことだけでなく、洗いやすい、絞りやすい、干しやすいということも大事になってくるんですよね。
これまで、お子さんに大きさを配慮した古布を渡されていたとのこと、それだけでも、充分素敵なお母さだと思います。
お子さんの「やりたい!」の声に、すぐ応えてあげているのですから。

ピンクさんの先生も、園の先生も、何年も何年も子どもたちをじっくり観察され続けてきたモンテッソーリのプロです。
お部屋を見せて頂いたり、お話をゆっくり聞かせていただくと、本当に「へぇ~~!!!」の連続です。
お部屋の教具、環境、一つひとつにパッと見ただけでは気付かない深い配慮があります。


子ども向けの布巾もお家に用意できたら、素敵ですよね。
ピンクさんの先生に、家で子どもに布巾を用意するならどのくらいのサイズがいいですか?と聞いてみるといいかも知れないですね。
先生方は普段とってもお忙しくされていますが、子どものために、と考え行動するお母さんには、時間を割いていろんなことを教えて下さると思いますよ。

11/1はいよいよ入園面接ですね。頑張って下さいe-271

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

montebazar

Author:montebazar
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。