スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生との話し合い

先日、記事をアップしました
「今までバザーで販売してきたお仕事についてのご意見」を
先生からお話していただきました。

先生からお話していただいた時間は1時間半!
内容も多岐に渡り、いろいろ説明も必要になるものもあるので、
いくつかに分けて、載せていこうと思っています。

まず、今回は、一番、重要な部分になると思われるところをアップします。
ちょっと長くなりますが、どうぞご一読くださいませ!

******************************

バザーで販売品を考える、用意するにあたって、
メンバーの中で一番の懸案事項であったのが、
どこまでお仕事に関わるものを販売していいのか?
ということでした。

と、いうのも、お教室においてあるお仕事は
先生方が本当にたくさんの試行錯誤や
細かい配慮が詰まったものです。

シール貼りひとつにしたって、
子どもたちが「ぴったり」を体感できるように
シールの大きさやメーカーにこだわり、
コピーを1%単位で縮小・拡大しているんだそうです。

お仕事を新しく導入する時期にしても、子どもたちの様子を
毎日見て、決めていらっしゃるはずです。

バザーでお仕事に関わるものを売るっていう事は
発達状況や子どもの興味の方向をみないで
バザーで買ったから、とポンと子どもに渡してしまう
状況を生み出す可能性があるんですよね・・・・

それは先生達の努力や配慮を無駄にしてしまうだけでなく、
子どもがお教室でそのお仕事を見たときに
「あ、これ、知ってるや」と思ってしまうのは
その子の発達に悪影響なのではないでしょうか?

そのへんを聞いてみました。

<先生の意見>

ピンクから取り入れている日常生活に深く関わるお仕事については、
提供(お仕事のやり方をみせること)を受けていなくても、
他の子がやっている様子を見てきたと思うし、
ピンクさんに通っていなかったとしても、
ご家庭の中でも日常的にあるのであれば、問題はないと思います。
(Ex.ごますり、洗濯など)

また、シール貼りや縫い刺し、切り貼りなどは
市販されているものもあり、こちらも問題ないと思います。

しかし、鉄製はめ込みなどをはじめとする、
感覚教具に関しては、提供時期も毎年異なるし、
先生方であっても、澄子先生の提供を受けてから教室に導入するほど、
時期や提供方法に配慮を要するものです。
やはり本物を、適切な時期に与えたいので、
感覚教具については園で触ってほしい、という先生のお考えでした

やはり、一番大切なのは、
その子の発達に合ったものを与えて欲しい
ということです。
バザーの会場で、じっくりと選ぶのは難しいと思いますので、
販売する品物に、ざっくりと発達段階の目安をつけたほうが
買う側も選びやすいのではないでしょうか?
というアドバイスをいただきました。

お仕事以外のエプロンやアイマスク、お弁当袋などは
いろんな工夫を在園の母たちが知っていると思うし、
ピンクや赤の母たちも知りたいと思っているはずなので、
ぜひそういう工夫を知る、手に取る機会があるといいと思います

それにより、
一番身近な母だからこそできるその子にあわせた工夫をする力、
観察力を養っていければ親子ともに成長できるのではないでしょうか。

****************************

この後は、より具体的にそれぞれのお仕事について
配慮していることなどを教えていただきました。
それは次の記事でアップします。

長い記事になりましたが、お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

montebazar

Author:montebazar
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。