スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バザーの目的②

ちょっと横道にそれてしまっていましたが、
話をもとにもどします。

えっと、バザーの目的②ですね。

2番目の目的は
縦のつながりを通して、モンテッソーリ教育についてより知ること。

文字、大きくしてみました。

ここからはちょっと個人的な感想なので、「そう思う人もいる」くらいに思ってください
バザーメンバーの共通意識とは違うかもしれないので。

長男の時は割合と園行事に関わる母たちの集まりが今よりも多かったんですね
もちろん、それが「負担が大きくて大変」って思う方もいらっしゃったとは思うのですが
そういう時間に、2人目、3人目のお母さんから
いろんなお話を聞くことが出来ました。

幼稚園の先生から言われる「お願い」にはこんな意味があるんだよ、
とか、
「幼稚園に行きたがらない」と悩みを相談すれば
「うちもそうだったわよ~」とか
「こういうとき、子どもにどんな風に話せばいいのか?」とか。

先生とはちょっと違う、
だけど、モンテッソーリを知っているからこそのアドバイスに
勉強になったり、勇気付けられたり。

私の中では、そういう方たちが
何も知らない私と、幼稚園の間を繋いでくれる、すごく大切な存在だったんです。

でも、今はクラスのお母さんたちとゆっくりお話しする機会も
あまりなくて、
学年を越えた方との交流はほとんどない、という状態。

それがちょっと、残念だな、って。

それに、上の子の時にあったバザーボランティアの方が主催していた
「講習会」、妊婦や下の子がいるから、参加したいけどあきらめてたんです。
下の子が幼稚園に入って、
さあ、参加できるぞ!って思ったのに・・・・
そういうイベントがなくなってて、残念!
っていう気持ちもあって(笑)。

でも、それが、誰かの負担になってしまうようでは
やっぱりいけないと思うんです。

だから、本当に、ちょっと参加してみてもいいかな、って思う人が、
フラリと参加できるようなバザーにしたいんです。
で、参加してみたら「意外に楽しかった!」って思ってもらえるような
そんなバザーにしたいな、って思っています。

バザーメンバーからも、それ以外の方からも、
バザーについていろんなご意見をいただきます。

父母会室、敷居が高くて、入るのに躊躇しちゃう、なんてご意見も。
その方は
「バザー活動をしているときは『バザー活動中、お気軽にご参加ください!』
みたいな貼り紙をしたらどうか?」
なんてお話してくれました。

すごく素敵だし、みんなの気持ちに寄り添った意見だと私は思いました。

待ち時間の間にお手伝いしてもらったり、
そうでなくても、「こんな商品どう?」なんて質問して
ダメだししてもらってもいいかな、なんて思います。
きっと、メンバーでは出てこない、客観的な意見が聞けるはずです。

たくさんの人が関われば、それだけまとめるのは大変になる。
でも、たくさんの人が関われば、
きっとそれだけ、素敵なものになる、
そう思いませんか?
スポンサーサイト

またも個人的な内容です。

またも運営のあきこです。
個人的に子どもとやってみたいことなのですが、
子どもとスライム作り

去年、小学校のフェスティバル委員をやって知ったことなのですが
スライムって男女問わず、すごく人気があるんですね~
あんな、すぐに汚れてしまうようなものなのに・・・・
きっとあの手触りや独特の存在がいいんでしょうね。

子どもと一緒に作ってみたいな、と思っているので
覚書もかねて、ここに載せてみます!
だれか作ったらレポートして!

こども祭り《追記しました》

追記しました。興味があればお目通しください!
こんにちわ、運営のあきこです。

今回はバザーの内容からちょっと離れて私的な内容になります。
ご容赦ください

小学校2年生の長男の登校班のみんなで
「子ども祭り」をしました。
あるお母さんが企画してくれているのですが、
1人1つお店をだして、みんなでお客さん、皆でお店屋さんをやって楽しむ会です。

誰が何のお店をやるか、どんな順番でお店屋さんとお客さんをやるのか?
そういうことも子どもたちだけで話し合って決めてきたんです

長男のお店は昨年と同じ、「おかしつり」。
一度経験しているせいか、母は一緒に買い物に行って、お金を払うだけ、
後は全部、子どもたちだけで準備をしました。
2012072601.jpg
特別なお菓子をいれて、あたりを作ったり、
組み合わせを変えたりしてとても楽しそうに準備をします

2012072602.jpg
割り箸と毛糸、毛糸の先にクリップをつけて、釣竿をつくりました。
お菓子の袋には、口を止める針金に輪ゴムがついています。
輪ゴムにクリップを引っ掛けてつります。
入れ物はダンボールを開いて作りました。

他にも趣向を凝らしたお店がたくさんありました
2012072603.jpg
空気砲をつかった射的。
ダンボールの穴に得点が書いてあります

2012072604.jpg
大きな紙にトイレットペーパーの芯をはって、輪投げ

2012072605.jpg
紙コップをくっつけて、穴を開け、振るとストローがでてきます
ストローに書いてある番号の景品がもらえる、という
おみくじ方式。
2012072606.jpg
一部の子どもたちに人気だったのが
「ビーズを使ったブレスレットづくり」
ビーズがおいてあり、自分の好きなように作れます。
女の子は自分用、男の子はお母さんにプレゼント!です。

2012072607.jpg
このくらいの長さでどう?

テグスは伸びるので、つけるのも楽チン、
ストラップの金具をつければ携帯にも付けられます。

長男は母用に作った後、黒と青のビーズで自分用のシックなものも作ってました。
色合いも気に入って、大満足!

年少の次男も上手に作ってくれたので、
これはフェスティバルでも使えるかも?
実際にその場で作るのもいいし、
作れるキットを作って販売するのもいいかもしれません!

バザーというよりは
どちらかというとフェスティバルという感じなので
バザーメンバーがフェスティバルに関わるかどうか?
という部分もあるのですが、
お祭りとしてはとても面白い、そして参考になるイベントでした。

はみだしネタですが、せっかくなので載せてみました。

《追記》
完成したブレスレットの画像です。
2012072701.jpg
向かって左が次男(年少)、右が長男(小学2年生)。
《次男》
次男は作る時に、テグスの端にセロテープをつけて、
ビーズが抜けないようにして作りました。
根気よく、順々にビーズを通していました。

《長男》
長男もモンテッソーリ幼稚園にお世話になりました。
彼の場合は、テグスの真ん中にパール(画像一番下)をおき、
左右対称に同じビーズを通す、という作り方をしました。
年中時の「のり貼り」で左右対称を覚え、
年長の「鉄製はめこみ」を使った回転模様で
色の組み合わせ、感覚を培った彼の作品は
大人でもかなわないほどです。

どちらもすばらしく、
そして、幼稚園での経験が本当に彼らの中で生きていると
改めて思う作品になりました。

【皆さん】バザーの目的①

みなさん、夕涼み会、お疲れ様でした~
うちの子供は年少なので、
とりあえず楽しそうに参加できた事で大満足です
ま、だいぶ変わり者っぷりを発揮していましたが・・・・

お母様たちの踊りもそれぞれ素敵でしたね
私は始めての踊りだったので
練習に力をいれました!
練習は年少から年長までクラス別にやったので
上の学年のお母さんとも仲良くなれて楽しかったです

他の学年との交流の機会が減る中で
貴重な時間だったな、と思います。

バザーの活動も、皆さんにとってそういう機会になるといいな。

さて、以前の記事で「今までのバザー」について書きました。
今回はそれをふまえて、
バザーをするならどんなバザーにしたいか?
ということについて書いてみます。

まずは、「目的」。

今回話し合って決めた目的は3つです。

まず1つ目は
『各個人が楽しんで、自分の望む範囲でバザーに関わること』
これはバザーをやるうえで、一番大切なことになります。

父母にはいろんな状況の方がいます。
いわゆる、専業主婦の方、お仕事をされている母親、
一人っ子の母親、
小学生・中学生の兄弟がいる母親、
反対に乳幼児がいる母親や、妊婦さん。

さらに介護をしている方や、
体質的に無理が出来ない方もいらっしゃいますよね

状況が様々なのに、関わり方が同じ、ということが必要でしょうか?

クラスからボランティアという名前で2名ほどバザーに関わる人を決めたり、
各クラスから1品目「クラス献品」をしてもらったり。

そのようなことが
結果的に「負担を強要」してしまった部分もあったのかもしれません

今回は「やりたい人がやりたいことを」というスタンスが基本です。
そして、それはバザーの運営に関わる人だけのことではありません。

バザーへの関わりは、いろんな形でいいとおもうんです。

運営メンバーとしてバザーの企画・運営をするのも、関わり方の一つだし、
裁縫やクラフトなどのボランティアももちろん、
講習会や製作会に参加するのも、関わり方の一つ。
そして、バザーで買う、ということも大切な関わり方だと思うんです

大切なのは、その人が無理をしない範囲でかかわりをもち、
「楽しかった~」とか「勉強になった~」とか
そういう気持ちになることじゃないかな、と思います。

お仕事などでバザーのボランティアなどが出来なくて申し訳ない、
なんて思わずに、
「バザーで買い物するのが楽しみだわ~」って思って欲しいな。

下の子がいるから、関わりたいけど諦めよう、じゃなくて
その気持ちをバザーメンバーに伝えてください!
おうちで出来る事を用意することも出来るし、
メンバーで下のお子さんを見ながら、参加していただく事だって
できるかもしれません。

反対に、「仕事もしてないし、兄弟もいないから、やらなくちゃ」
と思うのではなく、
「自分がやりたいと思うところまでにしよう」でいいと思うんです
無理して、体調を崩したり、
生活に余裕がなくなって、お子さんへの対応に支障がでるようだと
それはお子さんのためでも、幼稚園のためでもなくなります。
誰のためでもない、自分が楽しむために関わって欲しいと思います。

ボランティア(献身)だけではない、
自分にとってもメリットがあるバザーにしたいですよね

それにはまず、自分が無理をしないで、まず楽しむ事!

メンバーの間でも
「今日、友達とランチだから、行ってくるね~!」
「うん、楽しんできてね~」
って気軽に話せる間柄を目指しています。

どうぞ、みなさんも、そんな気持ちで気軽に関わってもらえればな、
と思います。

長くなっちゃったので、目的②は次の記事に載せます。

今回はバザーメンバー(運営統括)あきこが書きました。

【バザーメンバー】夏休み中の活動

バザーメンバーへのお知らせです。

今までバザーで販売してきた(したことのある)
お仕事関係のもの、
例えばシール貼りや縫い刺しの図案などを
一度、先生方に見てもらい、
改良点や配慮している点などを教えてもらいたい、
という話が運営のほうで出ました。

また、バザーで販売してもいいお仕事と、
最初の提供を大切にするため、幼稚園以外では
あまり提示して欲しくないお仕事の境界線みたいなもの(?)も
教えていただけたら、
これからバザーの販売品を考えるのに役立つとおもわれますし、
幼稚園と相談しながらやらなくてはいけない部分だと思います。

それらについて、夏休み中に
先生方で話し合っていただけるようにお願いしてきました。
話し合った結果について、
できれば夏季保育(8月28日)に教えていただき、
その話を29日にメンバーと話し合えれば、と思っています。

28日に先生と話し合えるかはまだ未定ですが、
予定通り28日に話し合えれば、29日にメンバーで話し合いたいので
もしご予定が空いていましたら、ご参加くださいませ。

参加できなかったとしても、
文章化して、誰でも見られるようにしておきますので
時間のあるときに確認しながら進めていきたいと思いますので
よろしくお願いいたします。

また、夏休み中はこれ以外の集まりは予定しておりません

バザーメンバーの皆さんには
夏休み中にどんなものを販売したらよいか
アンテナを張っていただき、ネタを集めていただくことと、
このブログを週に1,2度チェックしていただきたいとおもいます。

「こんなのどうかな?」
「こんな講習会に行ってみたよ!」
「こんなことやってみたい!」
などありましたら、どんどん記事にしてアップしてくださいね!

みなさんの夏休みが実り多きものになるようお祈りいたします。

【皆さん】今までのバザーって。

みなさんは「幼稚園のバザー」っていうとどんなイメージをお持ちでしょうか?

私自身はモンテッソーリ幼稚園しか知らないので
他の幼稚園がどんなバザーをやっているのかしらないのですが、
わりあいと、お母さんたちが何か作ったり、
未使用品を販売したり、
っていう感じかもしれません。
幼稚園によってはバザーがないよ、なんていうこともあるのかも。

さて、モンテッソーリ幼稚園ではどうでしょうか?

実は「毎年何も決まっていない」というのが本当のところです。

そもそもバザーをやるかどうかも、
いつやるのか?何回やるのか?何を売るのか?
そういうことも全部決まっていないんです。

子供たちの自主性を尊重するこの幼稚園では
父母の活動も「自主的に」、ということです。

過去のバザーを振り返ってみると・・・

<一昨年のバザー>
ミニバザー3回、Festival  計4回のバザーがありました。
(フェスティバルについてはまた今度説明しますね!)

このときはボランティアでありがなら、
各クラス2名選出してもらっていました。

回数が多かった分、1年中活動があって
それを負担に思う方もいたようです。

<昨年のバザー>
3月に一回のみ

こちらは1回だったの負担が少なかったようです。
バザーに関わる人の募集は無く、
個人的な集まりでバザーが進められていたようです。

実際にバザーに関わった方のお話を聞くと

「やってみたら他学年の人と交流できて楽しかった」
という話は毎年聞くことが出来ました。

その一方で

・手伝っていても、全体像が見えず、何が行われているのがわからない。
・ピンク・赤さんにとってはお仕事セットが人気。
・入園準備品も実際に手にとって見ることができると勉強になる。子供のための工夫を知る事も大切ではないか。
・布やデザインなど、気に入ったものが欲しい
・材料費などの持ち出しが多く、個人の負担が大きい。
・お手伝いなどの掲示や完成見本品などの準備が足りなかった。

など改善点も見えてきました。

バザーって準備が大変、と思う方がいらっしゃったのも
事実です。
だったらやらない年があってもいい、
そういう意見ももちろん出ていました。

でも、バザーの活動を通して、
他学年のお母さんと接したり、育児について話したりすることで
モンテッソーリ教育や、幼稚園について
もっとお母さんたちが深く理解できたら、
もっともっと、幼稚園生活が楽しくなると思います。

じゃあ、みんなにとってどんなバザーだったらいいんだろう?
どんなバザーだったらやってみたいとおもいますか?

みなさんはどう思いますか?
ぜひコメントを残してくださいね!

【バザーメンバー】連絡先記入

バザーメンバーの方へ

一番下のcomment(コメント)をクリックし、
コメント記入欄を開いてください。

コメント記入欄に
連絡用アドレス(できれば携帯)と
名前フルネーム、
携帯電話番号
入力してください。

投稿する前に、『管理人のみに表示』にチェックを、いれて投稿して下さい。

連絡用アドレスにブログ管理ができるIDとパスワードをお送りします。

何かわからなければ、溝端、門まで連絡をしてください。

bazar2012

2012年度、モンテッソーリ幼稚園でバザーをやろう!
という気持ちのある人の集まりです。

楽しく、無理なく、自分の望む範囲で関われるバザーを目指しています

皆さんと一緒に楽しんでいけたらな、と思っています
どうぞよろしくお願いします。

連絡事項や進行状況、相談などなんでも掲載可ですが
愚痴はご遠慮ください
06 | 2012/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

montebazar

Author:montebazar
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。